一般歯科

DECAY

一般歯科とは保険

十分なカウンセリングから行います。
小児からお年寄りまでの保険適用内のお口の中の診療を行います。歯ぐきや歯の根・歯周病等の治療・さし歯・入れ歯など、歯やお口の中の病気の治療が主となります。
治療等について、疑問や不安を抱えて来院されることと思います。そのような不安など取り除くためにも、十分なカウンセリングから行います。

虫歯の進行度チェック

【進行度:C1】

【進行度:C1】

まず虫歯箇所を削って取り除きますが、痛みを感じることはほぼなく、一回の治療で済みます。削った箇所にはコンポジットレジンという歯科用のプラスチックを詰めます。

【進行度:C2】

【進行度:C2】

基本的に治療内容はC1と同じく、虫歯箇所を削って詰めものをしますが、症状によって麻酔を使うことがあります。また歯によって詰める素材は、前歯ならコンポジットレジン、奥歯なら金属やセラミックのインレーと呼ばれるものを詰めるのが一般的です。

【進行度:C3】

【進行度:C3】

C3まで虫歯が進行すると、炎症を起こした神経(歯髄)はまだ生きているものの、元の状態には戻らないため、抜髄という神経を取り除く処置が必要になってきます。抜髄は虫歯箇所を削ると同時に、大きく歯を削って神経を露出させて除去します。神経を除去すると歯が脆くなってくるため、クラウンと呼ばれる被せものをします。

【進行度:C4】

【進行度:C4】

C3からC4にまで虫歯が進行すると神経が死んでしまい、一時的に痛みが収まることがありますが、感染は広がり続けています。やがて壊死した神経が腐り、歯の根本に膿がたまると歯茎が炎症を起こして、また激しい痛みに襲われます。ここまでくると歯を残すことは難しく、抜歯という流れになることが多いでしょう。抜歯した箇所には、インプラントや入れ歯で補うことになります。

歯の詰め物がとれた場合の治療

セメントが溶け出した場合
詰め物をとめた時使ったセメントが溶け出してとれたのであれば、詰め物が変形していなければ、とめ直すことができます。
※とれた詰め物を必ずお持ち下さい。

虫歯によってとれた場合
虫歯によって、詰め物と接している部分が溶け出してとれてしまったら、まず虫歯の部分を削り、型どりをして、新しい詰め物を作ります。

ご相談・ご予約はお気軽に

診療時間 日/祝
09:00~13:30 -
15:00~20:00 18時
まで
19時
まで
-

休診日曜・祝日、夏期休暇、年末年始

お支払い方法現金・クレジットカード・PayPay

クレジットカード・PayPay

※クレジットカード払いは自費診療のみとなります。
※PayPay払いは、保険診療、自費診療のどちらでもお支払いいただけます。