御堂筋線「西田辺駅」3番出口より徒歩1分
初診・急患の方もお気軽にご予約ください

ご予約・お問い合わせTEL:06-6624-4180(平日9:00~20:00/木曜18:00~土曜19:00迄)

かんたん今すぐネット受付

交通アクセス

交通アクセス

地下鉄御堂筋線【西田辺駅】3番出口でてすぐ (大阪府大阪市阿倍野区阪南町5丁目17-4 ロータスビル2階)

診療案内

 
午前
午後
:診療時間
午前 09:00 ~ 13:30
午後 15:00 ~ 20:00
:木曜日は午後18:00まで
土曜日は午後19:00まで
:日曜・祝日
歯科衛生士募集 私たちといっしょに、働きやすい環境をつくっていきませんか?

西田辺の歯医者が教える歯のブログ

歯のブログ記事詳細

歯の黄ばみの原因はここにあり

更新日:2017年09月25日 カテゴリー:

 

ホワイトニング治療をお受けになる患者さまのほとんどが、歯の黄ばみを気にして来院されています。また、治療を受けていない方でも、歯が黄ばんでいる場合は決して少なくありません。どうして歯は黄色くなってしまうのでしょうか?阿倍野ふくだ歯科が解説します。

 

 

歯の黄ばみの最大の原因は食べ物にあり

 

 

コーヒー、お茶、カレー、醤油、ソース……。私たちが普段口にするこれらの食品には、着色物質が含まれています。着色物質は実に多くの食品に含まれていて、数えたらきりがないほどです。

 

そのような食品を食べると、歯の表面に着色物質が沈着し、やがて層を作ります。エナメル質の2~3%は水分とタンパク質で、タンパク質中に色素物質が浸透するとエナメル質の内層部分に着色が生じるのです。

 

これが歯の黄ばみの原因で、一度層になってしまうと、家での歯磨きでは色素を落とすことができなくなります。また、歯科医院でのクリーニングでさえ、全てを除去するのは難しく、ホワイトニング治療が唯一の改善方法だといえます。

 

 

歯の黄ばみの第二の原因「象牙質」

 

 

歯の黄ばみの原因にはもう一つあります。歯の表面は、カリウムやリンを主成分とするエナメル質という層で覆われており、虫歯から歯を守る働きをしています。エナメル質は半透明色なため、その下にある象牙質の黄色は少なからず透けて見えるもので、エナメル質が薄くなると歯が黄ばんで見えます。

 

例えば歯を強い力でゴシゴシと磨きすぎると、エナメル質は削れてしまいますし、象牙質の黄色味には個人差があり、もともと黄色味が強い人は、エナメル質の厚みがしっかりあっても歯が黄色っぽく見える場合があります。

 

では、象牙質を脱色して白くすればいいのではと思われるでしょうが、象牙質自体を白く脱色する技術は今のところありません。別の方法でカバーすることになり、この話についてはまた後の回で詳しくご説明しますね。

 

ホワイトニングの作用は歯の部分によっても変わる

 

 

ホワイトニングは、エナメル質に作用して歯を白くします。そして、歯の部分によって治療効果の現れ方が違うという特徴があります。エナメル質は歯の箇所によって厚みが違い、歯ぐきに近ければ近いほど薄く、歯の先端に近づくにつれ厚みが増します。エナメル質が厚い部分の方が、よりホワイトニングの効果が出やすいというわけです。

 

しかし一概にそうというわけでもなく、エナメル質に一定以上の厚みがあると、ホワイトニングの効果は落ちてしまいます。また、歯を強く磨きすぎてエナメル質が薄くなっている場合にも、ホワイトニングの効果は下がります。そこで、ふくだ歯科の治療では、エナメル質の様子に合わせて治療方法を変えています。

こちらの記事もオススメです

ご予約・お問い合わせ

急患・新患随時受付中です。
お気軽にお電話ください。

平日 9:00~20:00
木曜 18:00、土曜19:00迄
日・祝日 休診

電話で予約をする 06-6624-4180

かんたん今すぐネット受付

このページのトップへ

お電話でのお問い合わせ

ご予約フォーム